1ヶ月待ち!?植毛費用が業界一安いクリニックとは?デメリットも

投稿日:

みなさんは植毛したいと考えたことありませんか?私は生まれたときからおでこの広さが7.5cmもあります。平均が5cmなのでかなり広いですね。小さい頃からこのおでこがコンプレックスだったのでいつも前髪を降ろしていました。

走る、風、水泳はもちろんNGです。前髪のセットは入念にしますが、すだれ状になるので余計にハゲてみえるんですよね(泣)。今回はそんな私が植毛に踏み切った話をしようと思います。

最近の植毛事情

植毛といえば費用が高く一般人が気軽に手をだせるものじゃないイメージですよね?そのためコンプレックスといえど、植毛をやろうとはまったく考えていませんでした。しかしまとまったお金が入ってきたので、これを機会に植毛について調べてみることにしました。

最近の植毛は後頭部の自毛を採取して患部に植毛するのが主流です。主な施術方法は・・・

FUT植毛(ヨコ美クリニック)→自毛植毛専門・ヨコ美クリニック

植毛施術のスタンダードです。後頭部の頭皮を線状に採取してそれを患部に植毛します。採取した部分は細長い線状の傷が残るようです。必要であれば傷にも植毛をすることもできるとか。

FUE植毛(ヨコ美クリニック)

後頭部に穴をあけて毛を採取します。丸い傷が残りますが、さほど目立ちません。医師のレベルによって差があるので、病院選びは慎重に。

ARTAS植毛(TOMクリニック)

ロボを使って自毛を採取します。人の手と比べて品質の良い自毛が採取できる、採取部がムラにならない、早い、傷跡が目立たないといった特徴があります。

i-direct植毛(アイランドタワークリニック)

基本はFUE植毛と同じだが、より質を高めた方法。採取するパンチグラフトが従来よりも小さいので、頭皮へのダメージが少ないようです。植毛後の生着率が非常に高いのが特徴です。

i-SAFE植毛(アスク井上クリニック)

こちらも基本はFUE植毛です。周りの皮膚を傷つけずに狙った髪をくり抜きます。傷跡が残りづらい、採取部のボリュームへの影響を最小限、自分の毛を痛めない、デザイン性といった特徴があるようです。

MIRAI法植毛(親和クリニック)

後頭部を刈り上げてそこから毛を採取します。植毛するときは空気圧を利用して移植するので、髪へのダメージが少ないそうです。

NC-MIRAI法植毛(親和クリニック)

MIRAI法植毛と違い後頭部の刈り上げがありません。誰にもバレずに植毛したい人向けです。1日で5000本も植毛できるので、広範囲希望の人にも対応できます。

生え際を横から

 

 

 

 

 

気になる植毛費用

植毛費用は場所によってかなり差があります。基本的には皮膚へのダメージが少ない方法が高いようです。植毛後の生着率は多少差はあるようですが、レビューをみるとそれほど気にする必要はなさそうです。

髪が2~3cmほどの長さがあれば、どの植毛方法でも傷は隠せます。逆にボーズに近い短髪が好みの人は費用が高くても傷跡が目立たない植毛方法を選んだほうがいいでしょう。私は髪が長めなので一番安い植毛方法にしました。

ホームページで公表している料金

ホームページで公表している料金なのでそれぞれ条件が違います。参考としてみてくださいね!グラフトという単位は毛根のことです。1グラフトあたり2~3本くらいの髪を採取できます。

FUT植毛(ヨコ美クリニック)→自毛植毛専門・ヨコ美クリニック

基本料金無料、1000グラフト60万円、1500グラフト80万円←私が選んだコース

FUE植毛(ヨコ美クリニック)

基本料金無料、1000グラフト80万円、1500グラフト120万円

ARTAS植毛(TOMクリニック)

基本料金35万円、1グラフト80円~、1500グラフト104万円(69万+35万)

i-direct植毛(アイランドタワークリニック)

基本料金20万円、1グラフト1200円

i-SAFE植毛(アスク井上クリニック)

基本料金18万5千円、1グラフト700円、800グラフト74万5千円(56万+18万5千)

MIRAI法植毛(親和クリニック)

基本料金20万円、1グラフト900円、800グラフト92万円(72万+20万)

NC-MIRAI法植毛(親和クリニック)

基本料金30万円、1グラフト2千円、800グラフト190万円(160万+30万)

生え際の画像

 

 

 

 

 

私が選んだ植毛クリニックは・・・

私が選んだクリニックは「ヨコ美クリニック」の「FUT植毛」です。基本料金無しで1500グラフトで80万円という破格の金額が決めてでした。

デメリットである後頭部の傷もボウズにしなければバレないので気にしません。そしてFUT植毛が世界の植毛のスタンダードになっているので、ヘタに最新の物を選ぶよりも安心できます。

さらにヨコ美クリニックの今川院長は「日本人で初めてアメリカ毛髪外科医専門医認定」「日本人医師で初めてFUTで植毛について発表」など植毛の先駆者として活躍していることも決めてになりました。

現在ある植毛クリニックの先生の中でも最年長で、一番実績があります。横浜にクリニックがあるのですが、全国から植毛相談のために来院するほど人気があるようです。

ハゲている男性

 

 

 

 

 

さっそく植毛無料カウンセリングの予約をしてみた

ヨコ美クリニックではカウンセリングをしてから植毛施術をします。同じ日にカウンセリングと施術をすることはできません。

1.カウンセリングの予約をする→ヨコ美クリニックで無料カウンセリング受付中

ホームページから無料カウンセリングの予約をします。植毛したい箇所の写真を添付し希望日を入力して返信を待ちます。次の日にメールが届いたのですが、希望日は一杯なので最短で約1ヶ月先しか取れないとのことです。安くて腕がいいので全国から予約が入るので込んでいるみたいですね。

カウンセリングは2パターンあり、来院してのカウンセリングと遠方の人向けに電話カウンセリングがあります。基本は頭皮の状態をみるので来院したほうがいいでしょう。しかし私はちょっと遠いので電話カウンセリングをお願いしました。予約日の予約時間に私から院長あてに電話をしてカウンセリングを受けます。状況によっては来院しなくてはダメなケースもあるみたいです。

2.植毛施術をする

私はカウンセリングの予約段階なのでここはまだです。カウンセリングで1ヶ月待ちだったので、それ以上かかると予想しています。(3ヶ月以上待った人もいるとか)施術当日は頭に包帯を巻くので帽子を持っていこうと思います。植毛後10~18ヶ月で髪は生え揃うとのことです

植毛でコンプレックスとサヨナラ

長年コンプレックスだったおでことお別れできると思うと胸がドキドキします。植毛したら髪型をオールバックにしておでこ全開にして街を歩くのが今の目標です。なお植毛男性だけではなく女性も利用する人たくさんいます。眉毛やまつげにも植毛できるそうなので、美容目的に利用してもいいでしょう。ぜひ検討してみてくださいね!

Copyright© あんみんと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.