禁煙歴5年!しけもく禁煙法

投稿日:

10年吸っていたタバコを禁煙して早5年。今は特にタバコを吸いたいとは思わなくなりました。しかし別にタバコが嫌いになったとかそういうのはありません。吸えって言われれば吸うと思いますし、喫煙者の集まっているなら場の空気を壊さないようにタバコを買ってきて吸うでしょう。でも、なんやかんや5年吸っていないので禁煙は成功したと思っています。

今回は私が試した禁煙法をご紹介しますので、参考にしてくださいね!



禁煙のきっかけ

喫煙歴は10年で1日10本ほど吸っていました。朝に一服、駅で一服、食前食後に一服など、時間があれば吸っているといった感じです。

そのような中、休憩中にタバコを吸って仕事に戻ったところ、馴染みのお客さんからタバコの匂いについてツッコまれてしまいました。その人も昔は吸っていたので笑ってくれましたが、ものすごい申し訳ない気持ちになったのを今でも覚えています。これが禁煙をチラつかすきっかけなった出来事です。

その後、会社を辞めて転職をしました。新しい職場ではタバコの匂いで迷惑をかけないように、消臭剤やフリスクで匂いをごまかしていたのですが、いつしかそれがとてもめんどくさく感じるようになってきたのです。

そうしたことから、いつしかタバコを吸わない方が楽じゃね?と思うようになってきました。ここから私の禁煙チャレンジがはじまったのです!/p>

試した禁煙法

ゆるい気持ちで禁煙をはじめたので、今日から完全にタバコをやめる!という気持ちはありませんでした。なので病院にいったり、高価な禁煙グッズを使うつもりもありません。なるべくお金をかけずに試した方法をご紹介します。

1.薄いのを吸って慣らす

タール1mgに変えてタバコ感を減らす方法です。医学的にはあまり意味がないようですが・・・

2.パイポ

コンビニに売っている禁煙パイポです。タバコとタバコの合間に吸ってみましたが、いがいと効果的で、タバコの本数を減らすことができました。

3.毎日1本ずつ本数を減らす。

今回ご紹介する「しけもく禁煙法」です。詳しくは後ほど!



しけもく禁煙法のやり方

しけもく禁煙法のやり方をご紹介します。

1.基本ルール

指定されは本数であれば、どのような吸い方でもOK

2.1日目:いつもの本数を吸う

私の場合は1日10本なので、箱に10本入れてスタートです。まだまだ余裕!

3.2日目:前日より1本減らす

箱に9本入れます。1本少ないだけなのでまだまだ大丈夫です!このように「1日ごとに1本ずつ減らしていきます」。

4.5日目:5本

いつもの半分の量なのでだいぶツライくなってきました。ここを乗り切るポイントは「しけもく」を吸うことです。タバコは1回で半分まで吸って「火消し」に挿して消します。また吸いたくなってきたら、しけもくに火をつけて吸いましょう。こうすると「5本でも10回吸える」うえに、しけもくが不味いのでタバコを吸う気持ちがなくなるのです。

5.10日目:0本

毎日1本ずつ減らすと10日目で0本になります。たいぶニコチンが抜けてきましたが、まだ禁煙できないと思いますので、この日以降はどうしても「吸いたくなるまで我慢」してください。なるべく「しけもく」や「パイポ」を吸いましょう。

禁煙中の症状

タバコをやめると禁断症状が必ずやってきます。私が経験した症状をご紹介しますね!

1.眠い

タバコは脳を覚醒するので眠気を抑えることができます。喫煙者はこの状態に慣れてしまっているので、いざ禁煙をするとめちゃくちゃ眠くなってしまうのです。眠気は完全禁煙して「10日ほど続く」ので、コーヒーを飲んで乗り越えましょう!

2.頭痛

タバコによって脳の血管が細くなっていましたが、禁煙すると本来の血管の太さに戻ります。このとき頭痛が発症するようです。

我慢できないときは吸ってもOK

タバコは「3日後、3週間後、3ヶ月後、3年後」に吸いたくなるようです。私はどうしても吸いたくなったら吸っていました。または不健康ですが喫煙所にいって「副流煙」を浴びるのもいいでしょう。今回は私の体験を元にご紹介しました。禁煙に興味がある人や試してみてくださいね!

Copyright© あんみんと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.